東京住建の口コミについて

一戸建て住宅を建てる上においてどのようなポイントに気を配るのかは人それぞれです。しかし、その中でも快適性と安全性についてこだわりたいという人は少なくありません。一戸建て住宅は自分だけではなく家族も過ごす空間になるため、その想いが一層強くなる傾向にあるのでしょう。では、そのような想いを実現することができる企業の口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。

■通気性について
一戸建て住宅の劣化を激しく進めてしまうもののひとつとして「湿気」が挙げられることがあります。湿気は壁や床下に溜まることによって一戸建て住宅に使われている材質に大きな変質をもたらすのです。カビや腐食が発生し、主要構造体が損傷してしまうリスクが増大します。そのため何かしらの対策を採らなければいけません。

東京住建のジオ・ステージや湿気対策として基礎パッキン工法と外通気構造を採用しています。それにより床下と壁面内部に空気の抜け道を作って湿気が溜まるのを防ぐのです。さらに、従来通りの換気方法である床下通気口によるものとは違って基礎に穴を作るということをしなくても良いというメリットがあります。こうすることによって基礎の強度が保たれるので自然災害などのリスクにも備える事ができるという口コミもあるのです。

■保証制度について
どうしたらこの自然災害の多い日本において安心した暮らしを追求することができるのでしょうか。その道はいくつもありますが、一戸建て住宅においては保証制度がどれだけ充実しているのかが挙げられます。保証制度は万が一の事態に備えることができるということだけではなく、「その土地に住んでも大丈夫」「その建物に住んでも大丈夫」だという保証がされているという面でも安心感につながっているのです。

地盤保証と瑕疵保証保険を取り扱っているのが東京住建です。地盤保証や調査を専門機関に委託し、そのデータを基に地盤工事などを行なっていますし、国の第三者機関による検査を受けている瑕疵保証保険は厳しいチェックがされるため、企業側も手が抜けません。このような保証制度を実施しているため東京住建が施工した建物は安心、安全に暮らせるのだという口コミが上がっています。

■快適性と安全性の追求
東京住建は湿気対策に力を入れています。基礎パッキン工法と外通気構造を採用することによって湿気が溜まり、材質が変質することを防ぐだけでなく、基礎に穴を空けるなどの住宅そのものの強度が下がるような施工をしていません。快適な暮らしを守るためだけではなく、家の安全を考えるという意味でも湿気対策は重要だとされているのです。

また、保証制度も東京住建は充実しているという口コミがあります。地盤保証と瑕疵保証保険はそれぞれに別の団体に調査を依頼しているため、徹底して厳しいチェックが行われます。しかし、そのチェックこそが信頼できる安心感を生み出すのです。もしもこのようなチェックがなければ自然災害などのリスクに立ち向かうことが出来ないという見方もあるため、非常に大切なポイントとして挙げられることもあるのです。

東京住建 口コミ(@tokyojuken_k) – Twilog